Q
A
Q
A

Q
A
Q
A

Q
A
Q
A

寄生虫のようにしがみつくバブル末裔はsiチョさまのお抱えどん詰まりホラ笛吹き泣虫ぶりこnowウザミール紛争草履/あしなか草履:しじら着物フラワーミックス Mサイズ

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 840円

※20,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

約15−16cm
綿

*かかとをつけて、つまさきで地面をつかむように履きます。つらい場合は無理せずに。気軽に夏用スリッパとして履くことのできるカジュアルな、あしなか布草履です。個人的な使用感想として非常に心地よいアイテムですが、健康向上効果などをお約束し目的とする品ではございません。あくまでおしゃれな生活用品としてあらかじめご了承下さい。

あしなか布ぞうりとは??

なんのことだかさっぱり分からない 「足半」
つうか、まずなんて読むんでしょうかコレ?

あしはん?そくはん?

正解は あしなか足半分で あしなか。
その名前の通り ほんとに半分なんです。

こんなモンじゃ、かかとがでちまうだろうが~~!!
ってなっちゃいますが、そうです。
かかと丸出しで履くものなんです。

勘の良いアナタ ダイエットスリッパを連想しましたね?
かかとをあげてつま先立ちで履くからダイエットになる!ってことで主婦が発明して大ヒットしたアノ、ダイエットスリッパ。

その草履バージョン!

おしい!!おしいけど違うのです!

こちらの足半ぞうりは かかとをしっかりつけるんです。

鼻緒と草履のつま先を指でつかむため、元気な足の条件でもある「足裏のアーチ」形成の助けとなります。

ダイエットスリッパのようにつま先立ちで履くのではなく、かかとを付けて履きます。これにより足裏の本来のアーチ形成に作用があり、筋肉のトレーニングにもなります。はじめのうちは違和感や疲労感を感じますがなれるととても気持ちよく血行もよくなり、足腰が強くなるような印象があります。

昔は飛脚や武士などが好んで履いていたといわれています。現代では外ではくのはちょっと難しいかもしれませんが。。。夏用のスリッパとして、部屋履きにオススメです。

ムレもないし、布なのでお風呂上りの濡れた足でも あつい夏、汗の吸湿も抜群なので快適!

しかも洗濯OK!

そして何より履いているとなんだか気持ちよい。

足の指や裏が良く動くようになって、血の巡りが良くなった感じがします。
腰痛や肩こりにもよいような気がします。

夏は足半おすすめですヨ。

適応サイズは基本的にフリーサイズとお考え下さい。

裏簡易ゴム付きで丈夫です。

現代人は足のクッション機能でもある、「足のアーチ」を使わなくなったため腰膝に負担がかかったり、血行が阻害されたりして、主に下半身の要所に様々な障害を引き起こすことが知られるようになっています。(特に桜美林大学の阿久根先生は鼻緒文化の衰退により日本人の歩き方が悪い方に変化しており、腰痛、膝痛、体の左右の歪み、転倒しやすい、冷え性、外反母趾etc…足のつま先の弱体化により多くの問題があることを永きにわたって啓発されています。)